野菜害虫およびその天敵に対する新殺虫剤の作用性に関する基礎研究(67)

野菜害虫およびその天敵に対する新殺虫剤の作用性に関する基礎研究(67)

課題番号1995002724
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間単H06〜H06
年度1995
研究問題生態系に調和した耕地環境の管理技術の確立
大課題病害虫の発生機構の解明と総合防除技術の開発
中課題害虫の発生機構の解明と生物的制御技術の確立
小課題野菜害虫およびその天敵に対する新殺虫剤の作用性に関する基礎研究(67)
摘要供試殺虫剤MKS−9311粉剤DLは、だいず畑のハスモンヨトウを対象に10a当たり3kgあるいは4kg散布した場合、いずれも若齢及び中齢幼虫に即効的な殺虫効果を示した。また、本剤によるだいずへの薬害も認められなかった。したがって、ハスモンヨトウに対して有効な殺虫剤が少ない現状において、本剤は実用化が期待できる殺虫剤と言える。供試殺虫剤処理区では散布後カエルの死亡個体を確認したので、天敵に対して影響がある可能性が考えられる。
研究分担生産環境・虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046417
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat