グルテニン・グリアジンサブユニットの構成と製麺性の関連の解明(71)

グルテニン・グリアジンサブユニットの構成と製麺性の関連の解明(71)

課題番号1995002730
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間継H03〜H08
年度1995
研究問題消費ニーズに対応した作物の開発と高品質安定生産・品質保持技術の確立
大課題作物の育種技術の開発と品種の育成
中課題作物遺伝資源の評価と育種素材化技術の開発
小課題グルテニン・グリアジンサブユニットの構成と製麺性の関連の解明(71)
摘要チホクコムギ等国内の代表的品種と小麦銘柄ASWを構成する品種の一部を含む82品種・系統について、貯蔵蛋白質の分析及び全粒紛の糊化特性値の測定を行った。小麦の加工適性に大きな影響を及ぼす成分であるグルテンを構成する主な貯蔵蛋白質として、グルテニンとグリアジンの2種があるが、5年度までにグルテニンの分析を行い、6年度は高速液体クロマトグラフ装置を用いてグリアジンを分析した。糊化特性値のうち、製めん適性との関連が高いとされている2種の特性値(最高粘度値、ブレイクダウン値)について、一般に製めん性評価の高い品種は両特性値とも比較的高い値を示し、他の品種間差も明瞭であったが、グリアジン組成との関連は明らかでなかった。
研究分担作物開発・育種素材研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046423
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat