ストレス耐性育種素材の作出(81)

ストレス耐性育種素材の作出(81)

課題番号1995002738
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間継H06〜H08
年度1995
研究問題消費ニーズに対応した作物の開発と高品質安定生産・品質保持技術の確立
大課題作物の育種技術の開発と品種の育成
中課題育種工学的手法の開発と育種への利用
小課題ストレス耐性育種素材の作出(81)
摘要ササゲにおいて組織培養系を確立するとともに形質転換技術を開発し、α−アミラーゼインヒビタータンパク質遺伝子を導入したアズキゾウムシ抵抗性の新育種素材作出を目的とする。まず世界各地のササゲ8品種・系統を供試して再分化が可能な組織培養系の作出を試みた。外植体として、発芽後の胚軸、未熟種子及び未熟種子から取りだした胚を用い、各種ホルモンを種々の濃度で組み合わせた培地に置床し培養した。その結果、いずれの品種・系統においても未熟種子からカルスが誘導された。また、TVU6914では未熟種子の胚から増殖及び再分化が可能な不定芽が得られた。
研究分担作物開発・育種素材研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046431
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat