作物の生体内物質の利用と改良(83)

作物の生体内物質の利用と改良(83)

課題番号1995002740
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間延H06〜H10
年度1995
研究問題消費ニーズに対応した作物の開発と高品質安定生産・品質保持技術の確立
大課題作物の育種技術の開発と品種の育成
中課題育種工学的手法の開発と育種への利用
小課題作物の生体内物質の利用と改良(83)
摘要ゴマの優れた栽培特性を持つ系統及び難脱粒系統を見い出した。機械化栽培を目指したゴマの生育型として、草丈130cm、最下さく葉えき間長50cm、無分枝性、無倒伏、耐病虫性強、2〜3さく数/葉えき、2心皮性、同時期成熟性、有限生育性、成熟時さく非裂開、長さく型、薄さく果皮、成熟時完全脱葉、収量300kg/10a、収穫指数0.35、早熟性(生育期間80日)、粒色白が理想的と考えられた。また、ゴマに含まれる抗酸化性物質を工業的に生産することを目指し、苗条原基培養系を確立した。
研究分担作物開発・育種素材研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046433
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat