高温、寡日照条件下における施設野菜のストレス耐性評価法の開発(113)

高温、寡日照条件下における施設野菜のストレス耐性評価法の開発(113)

課題番号1995002773
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
他機関長崎総農試;農研センタ【野口浩隆】
研究期間継H06〜H10
年度1995
研究問題消費ニーズに対応した作物の開発と高品質安定生産・品質保持技術の確立
大課題地域特性を活かした野菜の高品質安定生産技術の開発
中課題施設の環境調節による野菜の周年生産技術の開発
小課題高温、寡日照条件下における施設野菜のストレス耐性評価法の開発(113)
摘要夏期にガラス室の天窓・側窓の開閉状態を変えて14種類の野菜を栽培し、耐暑性検定を行った。室内の日最高気温の平均値は、常時開放区で44.7℃、40℃開閉区で48.0℃であった。ヒユナは高温環境下で旺盛な生育を示し、次いでカイラン、パクチョイ、コマツナ、ネギの耐暑性があった。一方、ホウレンソウ、サラダナは天窓・側窓の常時開放でも枯死し、耐暑性はなかった。さらに、遮光率を0、23、45、70%とした雨よけパイプハウス内でキュウリを栽培し、蒸散速度、クロロフィル含量を調べた。蒸散速度、クロロフィル含量は遮光率70%で大きく低下し、また遮光率0%の上位葉でもクロロフィル含量の低下が認められた。
研究分担畑地利用・施設栽培研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046466
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat