肉用牛の各種経済形質の遺伝相関に関する研究

肉用牛の各種経済形質の遺伝相関に関する研究

課題番号1995002801
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間新H07〜H08
年度1995
研究問題中山間地域における肉用牛の高位生産技術の確立
大課題優良肉用牛資源の効率的活用技術と高品質牛肉安定生産技術の開発
中課題育種・繁殖学的手法を活用した肉用牛の生産能力向上技術の開発
小課題肉用牛の各種経済形質の遺伝相関に関する研究
摘要牛肉の輸入自由化後、日本の代表的な肉用種である黒毛和種は脂肪交雑に焦点をあてた改良を進めている。長期的視点にたった改良を考えると、脂肪交雑を含め各種経済形質間の遺伝的な相関関係を解明し、適切な交配計画を立案する必要がある。本研究においては肉用牛の体型測定値間、発育形質と産肉形質間、各種変量間の遺伝相関について、多形質アニマルモデルにより精度の高い遺伝率、遺伝相関を推定する。7年度は畜産部に蓄積された子牛の発育記録を基に、体型測定値間の遺伝相関を解析する。また、子牛市場記録と産肉形質のフィールド記録を収集して入力をする。
研究分担畜産・育種繁殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046494
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat