赤黄色土草地植生における植物間相互作用因子としてのアレロパシー発現機構の制御(158)

赤黄色土草地植生における植物間相互作用因子としてのアレロパシー発現機構の制御(158)

課題番号1995002815
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
他機関総研2
研究期間継H05〜H07
年度1995
研究問題中山間地域における肉用牛の高位生産技術の確立
大課題草地・飼料作物の生産機能の解明と高位安定生産技術の開発
中課題草地・飼料作物の生産機能の解明
小課題赤黄色土草地植生における植物間相互作用因子としてのアレロパシー発現機構の制御(158)
摘要野外調査でアレロパシー物質の放出が予想されたコメツブツメクサとススキについて、生体、立ち枯れ残渣及びリターを水またはメタノールで抽出し、レタス及びシロツメクサによるバイオアッセイを行った。コメツブツメクサの水抽出物はメタノール抽出物よりも検定草種の幼根伸長を抑制し、ススキについては逆にメタノール抽出物の方が阻害作用が強かった。コメツブツメクサは水溶性物質による短期的な、ススキの場合には脂溶性物質による長期的な作用を生じることが示唆された。
研究分担畜産・草地飼料研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046508
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat