温暖地・暖地強害帰化雑草の生存戦略の解明と制御技術の開発(159)

温暖地・暖地強害帰化雑草の生存戦略の解明と制御技術の開発(159)

課題番号1995002816
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間継H05〜H08
年度1995
研究問題中山間地域における肉用牛の高位生産技術の確立
大課題草地・飼料作物の生産機能の解明と高位安定生産技術の開発
中課題草地・飼料作物の生産機能の解明
小課題温暖地・暖地強害帰化雑草の生存戦略の解明と制御技術の開発(159)
摘要帰化雑草オオオナモミ、シロバナチヨウセンアサガオの播種期と開花、出芽及び発芽特性について検討した。春から夏にかけ気温が高めに経過したこともあり、シロバナチョウセンアサガオの4、5月播の開花は5年に比し促進されたが、オオオナモミの開花は5年と大差なかった。オオオナモミの9月播(ガラス室)の開花日数が大きく短縮されたことから、シロバナチョウセンアサガオの開花には温度が、オオオナモミの開花には日長と温度が大きく関わっていると考えられた。次に、オオオナモミの圃場での出芽は、地表から2〜3cm層が最も多く、埋土が深くなるに従って大きく減少した。また、シロバナチョウセンアサガオの発芽は、変温条件が優った。
研究分担畜産・草地飼料研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046509
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat