温暖地における帰化植物の情報収集と動向予測(160)

温暖地における帰化植物の情報収集と動向予測(160)

課題番号1995002817
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間継H05〜H08
年度1995
研究問題中山間地域における肉用牛の高位生産技術の確立
大課題草地・飼料作物の生産機能の解明と高位安定生産技術の開発
中課題草地・飼料作物の生産機能の解明
小課題温暖地における帰化植物の情報収集と動向予測(160)
摘要帰化雑草オオオナモミの発生分布状況(大田市近辺)と飼料作圃、草地の実態調査を行った。オオオナモミの発生は、道路の法面及びその周辺の空き地を中心に数多くの分布がみられ、特に、埋立等人手が加わった未利用地での発生が多かった。また、一部放棄水田の畦畔あるいは畑の縁等に発生が見られ、いつでも侵入の体制にあった。また、帰化雑草の飼料作圃、草地への伝播経路としては、粗飼料・濃厚飼料への混入、未熟ふん尿の散布による拡散が主であった。
研究分担畜産・草地飼料研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046510
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat