大豆低温抵抗性向上のための地下部環境改善技術の開発(53)

大豆低温抵抗性向上のための地下部環境改善技術の開発(53)

課題番号1995002017
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H06〜H09
年度1995
研究問題寒地自然資源の評価と寒地生態系の特性解明及び管理・利用技術の確立
大課題寒地生態系の土壌環境特性の解明と管理利用技術の改善
中課題寒地作物の栄養生理生態の解明と養水分管理技術の開発
小課題大豆低温抵抗性向上のための地下部環境改善技術の開発(53)
摘要だいずの地下部環境、なかでも開花期までの生育前半の地温、リン酸と堆肥の施用がだいずの生育・収量、リン酸吸収に及ぼす影響を検討した。開花期まで地温を14〜15℃に保った区では普通地温区に比べて、開花期における乾物重は低く、開花期以後3週間の昼夜15℃の低温処理期間中の生長量も少なかった。一方、リン酸施肥区は開花期低温処理の期間中における生育量の低下、成熟期の子実重の低下を小さくしていた。堆肥の効果はほとんどみられなかった。一方、圃場において耐冷性の異なる品種の生育を比較したところ、耐冷性品種は生育前半の地上部の生育は感受性品種に劣ったが、開花期付近より逆転していた。
研究分担生産環境・養分動態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046576
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat