アブラムシに対する生物的制御因子としてのヒメハナカメムシの評価(62)

アブラムシに対する生物的制御因子としてのヒメハナカメムシの評価(62)

課題番号1995002025
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H06〜H10
年度1995
研究問題寒地自然資源の評価と寒地生態系の特性解明及び管理・利用技術の確立
大課題寒地生態系の生物的特性の解明と総合的管理利用技術の開発
中課題寒地作物虫害の発生機構の解明
小課題アブラムシに対する生物的制御因子としてのヒメハナカメムシの評価(62)
摘要5月から10月にかけてばれいしょ圃場および周辺の圃場、牧草地、雑草地でナミヒメハナカメムシ(以下ナミヒメと略)の発生消長を調査した。ばれいしょ上で6月24日、白クローバ上で6月28日に最初に成虫を確認した。白クローバではさらに早い時期から存在していた可能性があり、また調査期間中発生量は多かった。ばれいしょでは7月下旬〜8月上旬、豆類では9月上〜中旬に個体数が多かったが、麦類での個体数は少ないまま推移した。22℃、16L−8D条件下での卵期間は約5日、幼虫期間は約15日であった。また同条件下で餌がない場合、孵化幼虫は3〜4日で死亡し、飢餓耐性は低いものと考えられた。
研究分担生産環境・虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046584
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat