イネ縞葉枯病抵抗性遺伝子の解析(66)

イネ縞葉枯病抵抗性遺伝子の解析(66)

課題番号1995002030
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H06〜H09
年度1995
研究問題寒地自然資源の評価と寒地生態系の特性解明及び管理・利用技術の確立
大課題寒地生態系の生物的特性の解明と総合的管理利用技術の開発
中課題寒地作物病害の病原菌特性と抵抗性機作の解明
小課題イネ縞葉枯病抵抗性遺伝子の解析(66)
摘要イネ縞葉枯病は中国・韓国及び我が国に発生するイネウイルス病の重要病害の1つである。現状では本病害の防除は抵抗性品種の育成に大きく依存してきた。本研究課題では、抵抗性品種の育成において抵抗性遺伝子源となったインド型イネ「Modan」に由来するイネ縞葉枯病抵抗性遺伝子Stv−biの染色体座乗部位を遺伝子分子地図上に特定することを目的とする。さらに、遺伝子単離の基盤となる抵抗性遺伝子近傍のマーカーの開発及びそのマーカーを用いた遺伝子単離方法の検討を行う。6年度は本抵抗性遺伝子Stv−biとRFLPマーカーとの連鎖解析を行った。
研究分担生産環境・ウイ病研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046589
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat