水稲の高度耐冷性中間母本の作出(118)

水稲の高度耐冷性中間母本の作出(118)

課題番号1995002070
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H06〜H15
年度1995
研究問題作物育種法の開発と寒地向き優良品種の育成
大課題新育種法の開発及び新育種素材の作出
中課題新育種法を利用した有用育種素材の開発
小課題水稲の高度耐冷性中間母本の作出(118)
摘要素材試験として、東北地方で育成された耐冷性極強の中間母本などと、北海道の耐冷性素材の耐冷性水準を比較するため両者の耐冷性検定を行った。この結果、東北地方の材料の中には北海道の材料に優る耐冷性を持つ系統があることが確認された。この結果は、耐冷性遺伝子の集積効果がさらに期待できることを示している。この調査に供した材料はそれぞれ交配されており、通常の方法によって育種素材化を進めている。また、遺伝資源からの耐冷性素材の探索のため、北海道在来品種や中国雲南省導入の品種の耐冷性検定を行った。雲南品種には高稔性のものも見られたが、晩生で長稈のため、冷水処理を回避した可能性があるので再検討が必要である。
研究分担作物開発・稲育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046629
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat