胚培養技術を利用したアカクローバ永続性育種素材の作出

胚培養技術を利用したアカクローバ永続性育種素材の作出

課題番号1995002072
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H06〜H10
年度1995
研究問題作物育種法の開発と寒地向き優良品種の育成
大課題新育種法の開発及び新育種素材の作出
中課題新育種法を利用した有用育種素材の開発
小課題胚培養技術を利用したアカクローバ永続性育種素材の作出
摘要アカクローバとの雑種胚形成率についてジグザグクローバは0〜8%の変異を持っていた。雑種胚形成率の高かった個体間で交配し、相互交配第1代の種子を採った。第1代の植物体の雑種胚形成率は0〜19%、平均4.5%であった。雑種胚形成率8%以上を示した個体間で交配してつくった第2代は7〜33%、平均16.1%を示し、さらに親和性が増した。ジグザグクローバにはアカクローバとの親和性について広い変異のあることが分かった。
研究分担草地・マメ育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046631
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat