小果樹類新品種の育成(179)

小果樹類新品種の育成(179)

課題番号1995002121
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H06〜H15
年度1995
研究問題作物育種法の開発と寒地向き優良品種の育成
大課題作物の寒地向き優良品種の育成
中課題園芸作物の優良品種の育成
小課題小果樹類新品種の育成(179)
摘要近年、北海道に適した果樹として小果樹が注目され、そのなかでブルーベリーは本道に分布する泥炭土などの酸性土壌を好む性質があるため、いくつかの地域で産地化が進んでいる。ブルーベリーは、三つの主要な種類がある。そのうち、ローブッシュ種は、品種改良が最も遅れているが、野生種として古くから利用され、樹がわい性で、雪の下で越冬するため凍害が少なく、さらに早期結実、早熟性などの優れた性質を持っている。北海道農試では、昭和43年にアメリカ農務省より自然交雑種子を導入し、育成した実生から選抜したローブッシュ系ブルーベリーが13系統ある。これらの系統を適応性検定試験に供試し、優良新品種の育成を図っている。杖の伸長は全体に少なかった。また、一株収量が少なく、一果平均値も全体に小さかった。糖度は供試系統のいずれも対照品種のRancocasより少なかった。このように、6年度は干ばつによる被害で、樹の生育、収量、果実の大きさに被害が見られ、各系統・品種間に明確な差のある結果は得られなかった。
研究分担作物開発・果樹研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046680
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat