大規模汎用水田における土壌理化学性の変動と管理技術の確立(183)

大規模汎用水田における土壌理化学性の変動と管理技術の確立(183)

課題番号1995002124
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
他機関農環研
研究期間継H06〜H08
年度1995
研究問題大規模水田作・畑作農業における環境保全型高位安定生産システムの確立
大課題大規模水田農業における環境保全型高収益生産システムの確立
中課題寒地水田作物の高品質・安定・多収のための土壌管理技術の確立
小課題大規模汎用水田における土壌理化学性の変動と管理技術の確立(183)
摘要泥炭地造成圃場の均平精度は、施工の許容限界に収まったが、望ましい値を下回った。造成後期間が経過した圃場では、不陸の程度が大きい。現在の圃場の下には、昔の農道や明渠などが埋もれており、このような下層土の撹乱も、不陸の発生に影響すると推定される。機械作業が困難な水田を調査したところ、平均客土深は基準値を満たしたものの、層厚が不均一であった。安定的に管理するためには、下層の基盤均平、客土深の確保、泥炭の分解を防ぐ地下水位管理、明渠のり面の泥炭分解抑制、撹乱を最小限にする暗渠施工、表面排水改良のための四周排水、練り返しを低減する農道ターン化、などを考える必要がある。
研究分担生産環境・水田土壌研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046683
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat