春播小麦の根雪前播種を導入した転換畑の作業体系の確立(193)

春播小麦の根雪前播種を導入した転換畑の作業体系の確立(193)

課題番号1995002130
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H06〜H08
年度1995
研究問題大規模水田作・畑作農業における環境保全型高位安定生産システムの確立
大課題大規模水田農業における環境保全型高収益生産システムの確立
中課題寒地大規模水田作農業における省力・低コスト営農システムの開発
小課題春播小麦の根雪前播種を導入した転換畑の作業体系の確立(193)
摘要春播小麦の根雪前播種作業の簡易迅速化を図るため、チゼルプラウに施肥・播種機および砕土機を装着した試作機を用いて場内および場外で播種を行った結果、両試験の苗立ちは共に著しく不良であった。その主要原因の一つは、試作機の播種口の半数(6個)はチゼルプラウ前列爪と後列爪の中間に位置し、その部位に播種されるため、耕起時に後列爪で厚く覆土されることによるものである。1994年には種子の落下位置をチゼルプラウの後部へ移動した。また、播種口の直下に分散板(長さ2m、幅40cm:分散板には種子を均一に分散するための釘が挿入されている)をセットし、均一に播種できるように改良した。
研究分担企連・総研1
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046689
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat