作物生育情報の利用による高精度管理作業技術の開発(227)

作物生育情報の利用による高精度管理作業技術の開発(227)

課題番号1995002155
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H06〜H10
年度1995
研究問題大規模水田作・畑作農業における環境保全型高位安定生産システムの確立
大課題大規模畑作農業における環境保全型高収益生産システムの確立
中課題高収益営農のための新規土地利用方式の確立
小課題作物生育情報の利用による高精度管理作業技術の開発(227)
摘要圃場作業機への搭載を前提とした画像処理システム及びそのソフトウエアを作成した。取り込み画像の解像度は512×512ドット、RGB各256階調とした。圃場中のキャベツは、G−Rの演算後に乱反射によるノイズを除去すれば、直射日光の有無にかかわらずに認識が可能であった。生育量はキャベツ図形の画素数、圃場における位置は図形の重心位置で判定可能と推測された。
研究分担企連・総研2
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046714
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat