低温条件下でのキャベツの基肥に対する施肥反応

低温条件下でのキャベツの基肥に対する施肥反応

課題番号1995002160
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間単H06〜H06
年度1995
研究問題大規模水田作・畑作農業における環境保全型高位安定生産システムの確立
大課題大規模畑作農業における環境保全型高収益生産システムの確立
中課題高収益営農のための新規土地利用方式の確立
小課題低温条件下でのキャベツの基肥に対する施肥反応
摘要十勝地域では新規高収益作物として野菜の導入が行われており、将来的にも大きな伸びが期待されている。キャベツは新規作物としての位置づけにあるが、十勝地域の低温条件下での肥料反応、吸収効率については調査が行われていない。そこで、元肥として重窒素標識肥料を全面全層、帯状全層、側条で施用し、直播栽培キャベツの初期生育における施肥効率を検討した。この結果、帯状全層、測条施肥区は、全面全層施肥区の半分の肥料で著しい生産の低下を引き起こさなかったことから、帯状全層、側条施肥法は省肥、低コスト化システムにつながると考えられた。養分吸収量については分析を継続する。
研究分担企連・総研2
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046719
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat