大規模畑作地帯における産地システムの策定

大規模畑作地帯における産地システムの策定

課題番号1995002178
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間新H07〜H09
年度1995
研究問題大規模水田作・畑作農業における環境保全型高位安定生産システムの確立
大課題農産物の生産・利用・流通技術の開発と流通システムの確立
中課題農産物の流通機構と産地形成条件の解明
小課題大規模畑作地帯における産地システムの策定
摘要北海道の畑作地帯においては、野菜の作付が拡大しているが、安定した生産を確保し、かつ安定して高い収益を実現するためには集出荷施設などの施設および生産者組織などの組織で形成される産地システムを整備することが不可欠である。またこれらの施設は高額の固定資本のものが多いため、合理的な運営管理がなされないと、大きな費用負担を産地にもたらす。本研究では、実態調査に基づいて大規模畑作地帯における産地システムの実態と問題点を明らかにし、大規模畑作地帯において野菜産地を形成する上で有効な産地システムの基本的形態を提示する。
研究分担畑作センタ・流通チーム
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046737
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat