寒地牧草地における帰化植物の情報収集と動向予測(251)

寒地牧草地における帰化植物の情報収集と動向予測(251)

課題番号1995002184
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H05〜H08
年度1995
研究問題寒地土地利用型畜産における環境保全型生産システムの確立
大課題自給飼料の安定生産利用技術の確立
中課題草地の立地条件の解明と植生安定管理技術の確立
小課題寒地牧草地における帰化植物の情報収集と動向予測(251)
摘要アメリカオニアザミ及びセイヨウトゲアザミを中心に、上川、空知管内の牧場について現地調査を行った。調査したどの牧場でもいずれか一方もしくは両者の生育が認められた。両草種とも量的には少なく被害を及ぼすほどにはなっていないが、今後の動向に注意する必要がある。5年のアンケート調査で明らかになった以上にこれらの帰化雑草の分布は広がっているものと考えられる。
研究分担草地・草地管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046743
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat