家畜におけるin situ PCR法による遺伝子の高感度検出法ならびに発現解析法(267)

家畜におけるin situ PCR法による遺伝子の高感度検出法ならびに発現解析法(267)

課題番号1995002196
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H06〜H09
年度1995
研究問題寒地土地利用型畜産における環境保全型生産システムの確立
大課題寒地における乳用牛・肉用牛の特性解明と合理的管理技術の開発
中課題乳用牛・肉用牛の遺伝特性の解明と効率的育種システムの開発
小課題家畜におけるin situ PCR法による遺伝子の高感度検出法ならびに発現解析法(267)
摘要家畜染色体に対するRI in situ PCRを行うための固定法、標本作製法等の条件を検討した。6年度は、染色体上でコピー数の多いDNA反復配列を用いてin situ PCR法を試みた。一部の核板でシグナルが得られたものの、不安定であり条件が確立されたとはいい難いのが現状である。そのため、組織上へのRI in situ PCRの試みは遅れている。
研究分担畜産・家畜育種研家畜繁殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046755
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat