農業・農村基盤調査におけるマイクロ波リモートセンシングの利用に関する基礎研究(320)

農業・農村基盤調査におけるマイクロ波リモートセンシングの利用に関する基礎研究(320)

課題番号1995002248
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H03〜H07
年度1995
研究問題北海道地域における農業・農村活性化方式の確立
大課題寒地農業・農村における工学的技術の開発及び利用
中課題寒地における農地及び農業施設の環境改善技術の開発
小課題農業・農村基盤調査におけるマイクロ波リモートセンシングの利用に関する基礎研究(320)
摘要沖積土、洪積土、火山性土の3種類の土壌が充填された枠において、マイクロ波の後方散乱係数および可視〜近赤外域の分光反射率を測定し、これらと表層土壌水分量との関係を調べた。後方散乱係数は各土壌とも表層2cmの含水率に対して広い水分範囲で変化し、密接に対応していた。また、分光反射率の値は土壌によってかなり異なったが、この規格値(乾燥時の値との比)と地表面近くの表層2〜3mmの含水率の関係は各土壌に共通であった。後方散乱係数から表層2cmの含水率が推定でき、分光反射率から表層2〜3mmの含水率が推定できる。
研究分担農村計画・情報処理研農地施設研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046807
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat