海洋汚染調査(1)

海洋汚染調査(1)

課題番号1995005504
研究機関名遠洋水産研究所(遠水研)
研究期間継H04〜H08
年度1995
研究問題遠洋水域における海洋特性の解明と資源の持続的利用技術の確立
大課題海洋構造と生物生産機構の解明
中課題高緯度海域における海洋特性の解明
小課題海洋汚染調査(1)
摘要5年に引き続きクロロフィルaの分布調査を5−6月(1次航海)と6−7月(2次航海)にかけて北太平洋亜寒帯海洋前線周辺域において行なった。その結果、1次航海、2次航海ともに日付変更線よりも西側において得られた150m以浅の水柱あたりのクロロフィルa量の平均値は、東側において得られた平均値よりも高かった。この結果は、東側と西側で植物プランクトンの生産力にちがいがあることを示唆している。
研究分担海南大洋・高緯海研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046827
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat