マイクロ波散乱計による海色データ検証技術の開発(12)

マイクロ波散乱計による海色データ検証技術の開発(12)

課題番号1995005515
研究機関名遠洋水産研究所(遠水研)
研究期間延H04〜H08
年度1995
研究問題遠洋水域における海洋特性の解明と資源の持続的利用技術の確立
大課題海洋構造と生物生産機構の解明
中課題リモートセンシング等高度技術による植物プランクトン生産機構の解明
小課題マイクロ波散乱計による海色データ検証技術の開発(12)
摘要NASDAが浜田沖に設置した光学ブイで取得した分光データを解析し、風速が大きくなるにつれて下向き光が減少していることを見出した。その割合は風速15m/secで約2割であり、等方的に散乱していると仮定すると海面反射率は3%程度大きくなり、水中での反射係数が1%程であることを考えると補正なしでは意味をなさないことがわかった。
研究分担海南大洋・高緯海研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046838
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat