冷中性子を用いた放射化分析による水産資源の生物特性の解明(13)

冷中性子を用いた放射化分析による水産資源の生物特性の解明(13)

課題番号1995005516
研究機関名遠洋水産研究所(遠水研)
研究期間継H06〜H09
年度1995
研究問題遠洋水域における海洋特性の解明と資源の持続的利用技術の確立
大課題海洋構造と生物生産機構の解明
中課題リモートセンシング等高度技術による植物プランクトン生産機構の解明
小課題冷中性子を用いた放射化分析による水産資源の生物特性の解明(13)
摘要本課題は、冷中性子を用いた放射化分析を応用して海洋試料中の珪素の分析を行なう手法を確立し、珪素が珪藻類の生長にとって制限要因であるか否かを明らかにすることである。6年度においては、適切な珪素の標準品の選定を行なうための検討を行なった。その結果、珪素の標準品としては珪素ウエーハ(珪素の板)が最適であることが分った。さらに、海洋試料の捕集に用いるニュークリポアフィルターを放射化分析した結果、珪素が検出限界以下であり、試料の捕集に適切であることが分った。
研究分担海南大洋・高緯海研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046839
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat