南極オキアミの分布と海洋環境(41)

南極オキアミの分布と海洋環境(41)

課題番号1995005535
研究機関名遠洋水産研究所(遠水研)
研究期間継S54〜H07
年度1995
研究問題遠洋水域における海洋特性の解明と資源の持続的利用技術の確立
大課題水産資源の生物特性の解明と持続的利用技術の確立
中課題南極おきあみ類の環境条件と生活史の解明
小課題南極オキアミの分布と海洋環境(41)
摘要南極海のオーストラリア海区におけるナンキョクオキアミの分布生態を、1989/90、1991/92および1993/94年の捕獲調査で得られたミンククジラの胃内容物に基づいて調べた。ミンククジラは各年とも、氷縁近くの大陸棚斜面フロント付近に多く分布したが、これは餌生物であるナンキョクオキアミの分布密度を反映していると考えられた。ナンキョクオキアミの未成熟個体は初夏に卓越し、主として外洋域に分布する傾向を示した。一方、抱卵個体は初夏・盛夏いずれの時期にも出現し、主として大陸棚斜面域付近に分布した。未成熟個体が沿岸域よりも沖合域で卓越した理由として、本海域に特徴的な、沿岸から沖合に向かう海流の存在が考えられた。
研究分担海南大洋・南大洋資研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046858
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat