太平洋メバチの資源評価(56)

太平洋メバチの資源評価(56)

課題番号1995005542
研究機関名遠洋水産研究所(遠水研)
研究期間継S62〜H07
年度1995
研究問題遠洋水域における海洋特性の解明と資源の持続的利用技術の確立
大課題水産資源の生物特性の解明と持続的利用技術の確立
中課題まぐろ類の持続的利用技術の確立
小課題太平洋メバチの資源評価(56)
摘要近年の漁獲量は約15万トンであるが、1993年以降はえなわ漁業の主漁場である東部太平洋での不漁のためやや減少した。日本のはえなわ漁業の漁獲が全体の8割を占める。まき網漁業による混獲量やフィリピン・インドネシア等での漁獲量が不明であったが、現地調査によりフィリピンにおける混獲量はそれほど多くないことが判明した。まき網漁業による混獲量も今後調べる予定である。日本のはえなわ漁業のCPUEを標準化したものを基に行ったプロダクションモデル解析では、近年の漁獲死亡係数はMSYを与えるレベルを越えていることが示された。現在の所、太平洋全体を単一資源と仮定しているが、遺伝学的手法により系群構造を検討するとともに他の仮定に基づく解析も行っておく必要がある。
研究分担浮魚資源・かま調研熱まぐろ研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046865
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat