かじき類の資源評価(72)

かじき類の資源評価(72)

課題番号1995005554
研究機関名遠洋水産研究所(遠水研)
研究期間継H06〜H08
年度1995
研究問題遠洋水域における海洋特性の解明と資源の持続的利用技術の確立
大課題水産資源の生物特性の解明と持続的利用技術の確立
中課題まぐろ類の持続的利用技術の確立
小課題かじき類の資源評価(72)
摘要太平洋のマカジキ、メカジキ、クロカジキの3種類について、日本のはえなわ漁業のCPUEを一般線型化法により標準化し、それを用いて、非平衡プロダクションモデルで資源評価を行った。その結果、マカジキについては、北太平洋については、ほぼMSY水準に達しているが、南太平洋については、MSY水準を上回る開発が行われていることが明らかとなた。また、マカジキ、クロカジキについては、プロダクションモデルでは適切な解は得られなかった。しかし、CPUEの傾向は、メカジキについては比較的安定しており、明瞭な減少傾向は見られなかった。一方、クロカジキについては、顕著なCPUEの減少傾向が伺え、今後資源の動向に注意が必要であることが指摘された。大西洋のメカジキについてもCPUEの標準化を行い、大西洋まぐろ類保存国際委員会における資源評価の際、VPAのチューニングに用いられた。また、大西洋のバショウカジキ及びフウライカジキの分布について、新様式の漁獲成績報告書資料を用いて検討を行った結果、混合割合については、1970年代と有意な差は見出されなかった。
研究分担浮魚資源・まぐろ生研熱まぐろ研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046877
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat