土壌有機物の分解及び物質循環に関する観測研究(6)

土壌有機物の分解及び物質循環に関する観測研究(6)

課題番号1995004177
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H02〜H11
年度1995
研究問題森林生態系における立地環境及び植物相の特性と機能の解明
大課題森林立地環境の特性解明と評価
中課題森林土壌における物質変換機構の解明
小課題土壌有機物の分解及び物質循環に関する観測研究(6)
摘要土壌水の採取では天然林の2カ所と新植地の1カ所に土壌水採取装置を埋め込み2回採取を行った。期間中土壌の乾燥が表層から起こったため2回目では一部試料の採取が行えなかった。またこの地域の渓流水は概ね炭酸カルシュウム濃度に違いで2種類に区分されることが示された。試験で得られた水試料は持ち帰って化学分析を行う。固定試験地の土壌試料の採取から雨季明け直後の土壌環境の把握が行えた。土壌の容積重はplot3の方が低く、土壌pHに大きな違いがないが、土壌の乾燥は草地であるplot3が速やかで、ECも高い傾向が認められた。plot1におけるタケ根系量の調査では直径3mm以下では木本よりはるかにタケの量が多く、タケの種類によっても差がみられるものの、草地であるplot3との比較では全体に根系量が多くなった。(15−1−1)
研究分担森林環境・土化研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046905
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat