サクラ保存林における鳥類の採餌生態(135)

サクラ保存林における鳥類の採餌生態(135)

課題番号1995004326
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H06〜H08
年度1995
研究問題森林生物の生態系における特性及び機能の解明と生物管理技術の高度化
大課題森林動物の生態系における特性と機能の解明
中課題森林動物の群集構造と生物間相互作用の解明
小課題サクラ保存林における鳥類の採餌生態(135)
摘要サクラ保存林(約6ha)に31個の巣箱を架設して、食虫性鳥類の繁殖生態とテリトリーとの関連を調査した結果、(1)サクラ保存林内にシジュウカラが10個のテリトリーを持ち、それぞれが繁殖活動を行った。(2)シジュウカラの各つがいの行動圏の面積は約0.4haであった。これは森林に生息している同種よりも小さいので、サクラ保存林は餌となるリンシ目幼虫の生産量が高いと思われる。(3)巣箱内に設置したビデオ記録装置によると、1回目の繁殖では雛に与える餌の90〜93%がリンシ目幼虫であり、2回目の繁殖では約80%であった。(4)親が雛に与える餌の大きさは雛の成長に比例して大きくなった。(11−1−1)
研究分担森林科学園・生物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047054
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat