虫害情報の収集と解析(157)

虫害情報の収集と解析(157)

課題番号1995004351
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
他機関関西;企画調整;九州;昆虫生態研
研究期間完H01〜H06
年度1995
研究問題森林生物の生態系における特性及び機能の解明と生物管理技術の高度化
大課題森林生物管理技術の高度化
中課題森林病虫獣管理技術の体系化
小課題虫害情報の収集と解析(157)
摘要日本全国の森林および緑地における昆虫被害の発生動向を把握することを目的に1985年から10年間にわたり虫害情報の収集を行い、データベースを構築した。データベースには2043件の情報を収録した。登録された昆虫は330種であた。最も報告件数の多かった種は松くい虫の485件で、以下、主なものはトドマツオオアブラムシ(106件)、エゾマツオオアブラムシ(91件)、マイマイガ(89件)、スギカミキリ(70件)、ミスジツマキリエダシャク(62件)、カシノナガキクイムシ(59件)、スギノハダニ(55件)、マツカレハ(53件)等であった。
研究分担関西九州四国森林生物北海道・昆虫管理研昆虫研保護研(科長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047079
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat