熱帯林を中心とする炭素循環、水循環の変動の評価・予測に関する研究(164)

熱帯林を中心とする炭素循環、水循環の変動の評価・予測に関する研究(164)

課題番号1995004359
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H03〜H11
年度1995
研究問題生産目標に対応した施業技術の向上と機械化による作業技術の体系化
大課題森林の生産機構の解明による更新・保育技術の向上
中課題森林施業に伴う物質生産の動態の解明による保育技術の向上
小課題熱帯林を中心とする炭素循環、水循環の変動の評価・予測に関する研究(164)
摘要タイ国カンチャナブリにおいて、11月中旬にTectona grandis, Mitragyna brunonis, Xylia kerii,Gigantochloa hasskariana, Gmelina arborea, Afzelia xylocarpa, Cassia fistulaの光合成速度を測定した。T. grandis、M. brunonis、X. keriiについては、午前中と午後に分けて測定し、それぞれ別の光強度−光合成曲線を作成した。これに、チーク人工林ならびにチェンマイの混交落葉林(MDF)の葉面積指数、吸光係数のデータをもとに、既存の林冠光合成モデルを用いて林冠総光合成量の予備的な試算をおこなった。その結果、チーク林やMDF林の年総生産量はほぼ日本の照葉樹林の範囲にあるように予想された。(15−1−1)
研究分担生産技術北海道・植生研生産研造林研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047087
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat