環境変動に伴う大気−林地におけるCO2ガス収支の変動予測(166)

環境変動に伴う大気−林地におけるCO2ガス収支の変動予測(166)

課題番号1995004361
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H02〜H07
年度1995
研究問題生産目標に対応した施業技術の向上と機械化による作業技術の体系化
大課題森林の生産機構の解明による更新・保育技術の向上
中課題森林施業に伴う物質生産の動態の解明による保育技術の向上
小課題環境変動に伴う大気−林地におけるCO2ガス収支の変動予測(166)
摘要大気−林地間CO2フラックスシミュレーションモデルのパラメタリゼーションを行うとともに、森林の過去の成長と環境要因との因果関係について検討し、環境変動に影響されるであろう森林生産力(二酸化炭素収支)のポテンシャルについて考察した。ヒノキ人工林で実測されている生産量と今回のモデルの推定値は一致せず、次年度の問題点として残された。
研究分担生産技術北海道・生産研造林研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047089
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat