亜高山帯林の再生過程と環境変化(176)

亜高山帯林の再生過程と環境変化(176)

課題番号1995004372
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H06〜H08
年度1995
研究問題生産目標に対応した施業技術の向上と機械化による作業技術の体系化
大課題森林の生産機構の解明による更新・保育技術の向上
中課題森林施業に伴う物質生産の動態の解明による保育技術の向上
小課題亜高山帯林の再生過程と環境変化(176)
摘要上木を除去した試験地の斜面上部と下部に伐採列と直行するように幅10mのベルトを設け、5m毎に細区分して、その中に成立している樹高1.3m以上の立木を樹種別に調査した。その結果、ダケカンバとAbies(シラベとアオモリトドマツ)のモザイク状の更新状況がとらえられた。斜面上部にAbiesが多く下部にダケカンバが多いが、これが生育適地を示しているかどうかは、成長速度の調査なしでは決められない。また、伐採前の上層の優占木であったコメツガは全体に少数であった。なお、今年はいずれの種子も不作で、ダケカンバでさえ平米当たり180粒以下、コメツガは60粒以下で、Abiesは見つからなかった。(11−2−1)
研究分担生産技術木曽・更新研(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047100
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat