光条件の違いと蔓茎類の成長(178)

光条件の違いと蔓茎類の成長(178)

課題番号1995004374
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
他機関国際農研
研究期間継H05〜H07
年度1995
研究問題生産目標に対応した施業技術の向上と機械化による作業技術の体系化
大課題森林の生産機構の解明による更新・保育技術の向上
中課題森林の再生機構の解明による植生制御・更新技術の向上
小課題光条件の違いと蔓茎類の成長(178)
摘要森林総合研究所千代田試験地において、フジの2年生苗を寒冷紗で覆い庇陰試験を行った。庇陰率80%、95%、0%(対照)区を設置し、平成6年5月から、当年茎の長さ、葉の枚数、地際直径等を経時的に測定した。その結果、各区とも当年茎の分枝が数回認められた。茎の長さは80%庇陰区で最大値(11.8m/個体)を示し、対照区、95%庇陰区がそれに次いだ。対照区ではストロンの伸長量が著しく多く、当年茎の長さの40%以上を占めた。このことからフジは光条件を変えることにより、成長の量的な変化だけでなく、成長の形態的変化も行うことが明らかになった。(11−1−2)
研究分担生産技術・植生研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047102
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat