混合除草剤に対する雑草木類の反応(179)

混合除草剤に対する雑草木類の反応(179)

課題番号1995004375
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
他機関国際農研
研究期間継H05〜H08
年度1995
研究問題生産目標に対応した施業技術の向上と機械化による作業技術の体系化
大課題森林の生産機構の解明による更新・保育技術の向上
中課題森林の再生機構の解明による植生制御・更新技術の向上
小課題混合除草剤に対する雑草木類の反応(179)
摘要混合除草剤を構成する単剤数種を含めた林地除草剤、計5種を散布し、植生等に与える影響と、混合除草剤の相乗効果について検討した。散布は、薬量を3段階に変え、散布時期も開葉前と初夏の2回行い、調査区内に生育する種、植生高と被覆度、要下刈り度などを調べた。雑草木への影響は、薬剤の種類や量だけでなく散布時期によっても異なった。混合除草剤の相乗作用を把握するため、混合剤を構成する単剤をx軸とy軸とし、植生種数、要下刈り度などの要因をz軸として混合剤の効果が単剤に比べどのような作用を生み出したかにより判定することを試みた。その結果、薬剤、要因により評価は一定でないが、林地混合除草剤の評価法として提示できた。
研究分担生産技術・植生研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047103
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat