高性能伐出機械オペレータの作業環境と作業ストレスの解明(194)

高性能伐出機械オペレータの作業環境と作業ストレスの解明(194)

課題番号1995004392
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間延H04〜H07
年度1995
研究問題生産目標に対応した施業技術の向上と機械化による作業技術の体系化
大課題機械作業システムの確立と森林路網の計画・施工技術の高度化
中課題作業強度の軽減と労働安全性確保のための作業技術の改善
小課題高性能伐出機械オペレータの作業環境と作業ストレスの解明(194)
摘要高性能伐出機械オペレータを対象としたアンケート調査により作業感、身体部位の自覚症状、使用機械の操作性などの実態把握を行うとともに、機械化作業の質の違いによるストレス変化を調べる模擬実験を行った。その結果、大部分のオペレータが疲労感や緊張感を感じており、身体部位の自覚症状ではひざ、足首以外の部位において機械使用後に自覚症状が発生していることがわかった。模擬実験においてはストレス指標としての0.1HZ付近周波数スペクトル値は単純作業が複雑作業に比べて高くなる傾向がみられ、単純作業の方がよりストレスを受けるものと考えられた。
研究分担生産技術・労働研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047120
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat