路面侵食防止工法の改善(198)

路面侵食防止工法の改善(198)

課題番号1995004399
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完S00〜S00
年度1995
研究問題生産目標に対応した施業技術の向上と機械化による作業技術の体系化
大課題機械作業システムの確立と森林路網の計画・施工技術の高度化
中課題森林路網の計画及び施工技術の高度化
小課題路面侵食防止工法の改善(198)
摘要林道の横断排水溝は、溝内に敷砂利や法面からの崩落土が堆積するなど、有効に機能してない場合も少なくない。そこで、実際の林道における横断排水溝の機能状況の調査を行った。横断排水溝の埋没率(埋没高/溝の深さ)は、平均で47%であった。また、埋没率は、一般的に山側では高く、谷川に行くに従って減少していくことが明かになった。平均では、山側の部分の埋没率は70%であったのに対し、谷川では22%であった。新たに開発した横断排水施設は、板ゴム及び角材より構成され、車輪の通過時にはゴムの部分が倒伏し、通過後にはゴム部分が起立して林道路面流の排水を行うものである。本施設を3箇所東京大学千葉演習林内に設置した。
研究分担生産技術・林道研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047127
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat