人工林収穫試験地30年間の施業効果と密度管理基準に関する総合研究(223)

人工林収穫試験地30年間の施業効果と密度管理基準に関する総合研究(223)

課題番号1995004429
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
他機関北海道
研究期間完H05〜H06
年度1995
研究問題森林の総合的利用計画方式と持続的林業経営管理方式の確立
大課題森林の多面的機能を重視した資源管理技術の高度化
中課題森林資源の計測・予測技術及び計画策定技術の高度化
小課題人工林収穫試験地30年間の施業効果と密度管理基準に関する総合研究(223)
摘要当研究室でデータを管理している前橋、東京、名古屋の各営林(支)局についての継続調査されたスギ・ヒノキ・アカマツ・カラマツデータを整理し、447個のデータファイルに取りまとめた。収穫試験地のデータはかってカードを用いた汎用機によるデータ管理がなされていてが、現在パソコンシステムに移行している。その過渡期で一部のデータファイルが変換されず、利用できない状態になっていたが、そうしたファイルを今回掘り起こした。また、測定回数、間伐回数(強度)をはじめ、基本的な林分統計量を全林木、主林木別に把握できるように取りまとめ表を試験地毎に作成した。
研究分担林業経営・解析研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047157
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat