中山間地林業の活性化に資する流域管理政策の効果的運用

中山間地林業の活性化に資する流域管理政策の効果的運用

課題番号1995004452
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H06〜H07
年度1995
研究問題森林の総合的利用計画方式と持続的林業経営管理方式の確立
大課題持続的な林業経営管理システムの確立
中課題林業経営の組織化と森林管理主体の育成方策の解明
小課題中山間地林業の活性化に資する流域管理政策の効果的運用
摘要本研究は「流域管理システム」の政策推進のネックとなっている私有林における伐採促進方策の提示を目的としている。私有林の伐採は森林所有者の私的な経済活動に委ねられているため、材価が低い今日の状況では資源は十分でも伐採は進まない。このため流域管理政策に基づいて加工・流通を高度化・組織化しようとしても、原料確保部門が不安定であるため、困難な状況にある。こうした状況を克服するため、今年度はいくつかの現地調査を踏まえて、伐採促進のために考慮すべきポイントとして5つのカテゴリー、17項目を抽出し、その検討を行った。
研究分担林業経営・環境管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047180
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat