有用成分の探索(263)

有用成分の探索(263)

課題番号1995004479
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完S60〜H06
年度1995
研究問題木質系資源の高度変換利用技術の開発
大課題樹木成分の高度利用技術の開発
中課題樹木抽出成分の特性解明と利用開発
小課題有用成分の探索(263)
摘要ケンポナシ果柄の抽出物のアルコール分解促進作用について検討し、飲酒後の唾液エタノールおよびアセトアルデヒド濃度を低下させる効果が認められた。沖縄産樹種45種の樹皮抽出物について抗菌性試験を行い、抗菌性物質としてリュウキュウガキ、トキワガキからIsodiospyrinを、トキワガキからPlumbaginを、ハマセンダンから8−Hydroxydihydrochelerythrineを、ヤマモモからMyricanolを単離した。ベイヒバ材、タイワンヒノキ材の精油成分の、人工乾燥中の変動を検討した結果、粉末試料では顕著な減少が認められた。木材乾燥室内壁に付着するヤニ状物質からセスキテルペン類、ジテルペン類を同定した。ケンポナシ抽出物はチューインガムの添加物として実用化された。
研究分担木材化工・成分研抽出研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047207
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat