リグノセルロース生分解性プラスチックの開発(272)

リグノセルロース生分解性プラスチックの開発(272)

課題番号1995004492
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H06〜H09
年度1995
研究問題木質系資源の高度変換利用技術の開発
大課題木材の化学加工技術の開発
中課題木質系機能性材料の開発
小課題リグノセルロース生分解性プラスチックの開発(272)
摘要既存のベンジル化プロセスでは、薬液の回収システムが確立されていないため、製造コストのみならず公害や作業者の安全と健康管理の観点からも大きな問題を抱えていた。そこで、ベンジル化プロセスの薬液の回収システムの研究開発を行った。すなわち減圧蒸溜によって薬液は回収され、回収された塩化ベンジルは再使用できた。回収された水も循環再使用できた。ベンジル化反応生成物は減圧蒸溜によって多孔質になり、細粉化されるため、水洗とメタノール洗浄工程が容易になった。洗浄液は蒸溜によって回収され、再使用できた。以上の成果が得られたことによって、ベンジル化プロセスの実用化の前に大きく立ちはだかっていた障害は除去可能であるという見通しが得られた。
研究分担木材化工・機能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047220
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat