接着剤の劣化機構の解明(277)

接着剤の劣化機構の解明(277)

課題番号1995004497
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H03〜H07
年度1995
研究問題木質系資源の高度変換利用技術の開発
大課題木材の化学加工技術の開発
中課題木材用接着剤の特性解明と改良・開発
小課題接着剤の劣化機構の解明(277)
摘要正角材2材または3材を重ね合わせて接着した複合梁(接着重ね梁)が開発されいるが、これに用いられているポリウレタン接着剤のJIS規格等がないため接着重ね梁の実用化は遅れている。そこで、本研究では接着重ね梁用の接着剤に要求される性能の試験方法を開発するための基礎的データの集積を目的とした。ポリウレタン接着剤の接着強さの立ち上がりと高含水率材に対する接着性能を小型のベイマツ試験体で調べ、また、実大の接着重ね梁を製作し、そのはく離の有無を観察した。その結果、接着強さの経時変化は一部の名柄を除き、28日間まで増加し、高含水率材(24時間室温水に浸漬)の接着性能は1時間の室温乾燥で一部の名柄の接着剤を除き、3時間の室温乾燥では全名柄について本来の接着性能を発揮することが解った。また、実大の接着重ね梁については製作後5ヶ月経過後も接着層のはく離は観察されていない。
研究分担企画調整木材化工・研究管理接着研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047225
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat