木材におけるアコースティック・エミッション現象の解明(295)

木材におけるアコースティック・エミッション現象の解明(295)

課題番号1995004517
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H04〜H06
年度1995
研究問題木質系資源の高度変換利用技術の開発
大課題木材の材質改良技術の開発
中課題木質複合材料の製造と性能
小課題木材におけるアコースティック・エミッション現象の解明(295)
摘要AE法を木材の乾燥割れの検出に利用するために、アカマツ円盤および板材乾燥時に発生する同一試料上の数カ所でAEを検出し、大小の乾燥割れとAE挙動との関係を求めた。さらに、割れによって発生するAEが計測点まで到達する間に減衰して検出できなくなるという問題点を解決するために、乾燥後期に円盤に発生する巨視的な割れを、乾燥前の生材の状態で事前に推定する方法を試みた。その結果、円盤乾燥初期にはAE挙動は変換子直下の複数の小さな割れの発生や成長に対応しながら変化する、乾燥後期には、巨視割れ発生前に割れの近傍の変換子ではAE振幅平均がその他の変換子での値より大きくなる。板材では、接線方向に伝搬したAEは初期には検出されない、ことなどが明らかになった。割れに関係しない大部分のAEの挙動を解明することが今後の課題である。得られた成果は、木質ボード類の非破壊評価試験に応用することができる。
研究分担木材化工・複合化研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047245
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat