高蓄熱性ハイブリッド部材の開発(296)

高蓄熱性ハイブリッド部材の開発(296)

課題番号1995004520
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H05〜H06
年度1995
研究問題木質系資源の高度変換利用技術の開発
大課題木材の材質改良技術の開発
中課題木質複合材料の製造と性能
小課題高蓄熱性ハイブリッド部材の開発(296)
摘要木材は熱容量が小さいため、コンクリート住宅と比較して木造住宅の室温変化が大きい。木材と無機系高質量材料を複合することにより、蓄熱性の高い木質系複合部材の開発を行った。無機系材料としてセメント、亜鉛粉末を用いた。セメントと木材の複合部材では、部材の比重が増加すると強度も増加する。また、セメントの割合が少ないと強度は向上し、木材パーティクルが強度に寄与していることがわかる。熱伝導率に関しては、複合部材の比重の増加とともに大きくなり、さらに同一比重では、セメントの割合が多くなると大きな値を示した。さらに亜鉛粉末を混入した木片セメント板では、亜鉛混入率が増えるほど熱容量、熱伝導率の増加が認められたが、ボード比重の割には熱伝導率が増加しなかった。また、亜鉛混入した木片セメント板の強度低下が認めれ、今後の検討を要する。
研究分担木材化工・複合化研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047248
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat