スギの諸抵抗性の遺伝的要因の解明(356)

スギの諸抵抗性の遺伝的要因の解明(356)

課題番号1995004596
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完S62〜H06
年度1995
研究問題生物機能及び遺伝資源特性の解明と新利用技術の開発
大課題森林遺伝資源の評価・保全と利用技術の開発
中課題林木諸形質の遺伝様式と連鎖の解明
小課題スギの諸抵抗性の遺伝的要因の解明(356)
摘要スギ15クローンを用いて、平成7年1月に耐凍性検定を行い、同時に脂質の分析を行った。その結果、耐凍性については−13〜−30℃とクローン間差が見られたが、脂質の平均不飽和結合数とは何の相関も見られなかった。これは最低でも−13℃以上の耐凍性を有しているためと考えられ、これまで−10℃の耐凍性を有していない樹種と有している樹種とでホスファチジルエタノールアミンの不飽和度が違うという結果と矛盾しない。
研究分担生物機能・遺伝分析研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047324
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat