コナラ亜属の種間雑種形成の可能性(363)

コナラ亜属の種間雑種形成の可能性(363)

課題番号1995004604
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H03〜H06
年度1995
研究問題生物機能及び遺伝資源特性の解明と新利用技術の開発
大課題森林遺伝資源の評価・保全と利用技術の開発
中課題遺伝資源保全のための森林植物の類縁関係及び特性の解明
小課題コナラ亜属の種間雑種形成の可能性(363)
摘要コナラ亜属内のコナラ、ミズナラ、カシワを対象とし、自然に雑種が形成される可能性とその程度を明らかにするために、以下の点について検討した。(1)開花時期は、種により異なるが他の種の開花時期と重なる個体があり、また開花時期の早晩により交雑に方向性がみられた。(2)交雑親和性は、コナラ母樹へのミズナラ交雑の場合、雑種堅果ができるのは、種内交配と同等の頻度のもの33%、種内よりは低い頻度のもの42%、雑種堅果ができないものは33%であった。コナラ母樹へのカシワ交雑では雑種堅果はできなかった。カシワ母樹へのミズナラ、コナラ交雑ではいずれの組み合わせでも種内交配よりは低い頻度であるが、雑種堅果ができた。(3)ミズナラに対する交雑親和性が高いコナラ個体を母樹とし、コナラとミズナラの混合花粉を同時に受粉させた結果、雑種堅果は2%に過ぎず、種内花粉の方が堅果の形成に有利であることが認められた。以上のことから、自然雑種の形成は条件により可能だが、その程度は非常に低いことが示唆された。
研究分担生物機能・集団遺伝研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047332
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat