林木の乾燥及び高塩環境に対する生理的適応機構の解明(369)

林木の乾燥及び高塩環境に対する生理的適応機構の解明(369)

課題番号1995004614
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H04〜H08
年度1995
研究問題生物機能及び遺伝資源特性の解明と新利用技術の開発
大課題林木の生理機能の解明と生物工学的利用法の開発
中課題林木の生理機能の調節機構の解明
小課題林木の乾燥及び高塩環境に対する生理的適応機構の解明(369)
摘要前年度までの研究によってオーストラリア原産のアカシア5種について耐塩性の違いを明らかにした。今年度は、この中から耐塩性のAcacia amplicepsと非耐塩性のA. holosericeaの苗木を使い、塩処理によるプロリン量の変化について調べた。プロリンはマメ科植物の主要な適合溶質であり、高塩環境下において細胞の浸透圧調節などの役割を果たしていると考えられている。耐塩性の異なるアカシアに1.0%のNaClを含む水耕液を与えた結果、2種とも葉及び根のプロリン含有量が増加した。プロリンの増加率だけを見ると耐塩性種よりも非耐塩性種の方が大きく、A. holosericeaの葉では塩処理開始の7日後にはコントロールの20倍以上になった。ただし、プロリンの増加が始まるまでの時間は耐塩性種の方が明らかに短いことから、植物の耐塩性機構を解明する上でキー・ポイントになると考えられる。
研究分担生物機能・生理機能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047342
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat