GISを利用した天然林の成長解析(436)

GISを利用した天然林の成長解析(436)

課題番号1995004692
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H05〜H09
年度1995
研究問題北方系森林の高度に自然力を活用した管理技術の確立
大課題北方系森林の施業・経営管理及び保全技術の改善
中課題北方系森林の調査法及び施業計画手法の改善
小課題GISを利用した天然林の成長解析(436)
摘要調査対象地域の地形条件とそこに成立する森林のタイプの関係をGISを利用して解析した。まず地域の森林類型区分図のデータからGISの機能を利用して類型区分ごとの面積を集計した。次に等高線図から方位・標高・傾斜の各区分図を作成し、針葉樹・広葉樹林分それぞれと方位・標高・傾斜区分図を重ね合わせ、面積および面積割合を集計した。森林タイプと地形条件の関係では、(1)蓄積の高い針葉樹・広葉樹林分は西ないし北向き斜面に多く分布している、(2)蓄積の高い林分は標高1000m以上には少ない、(3)森林の蓄積の大小は傾斜との相関が低い、などが明らかとなった。
研究分担北海道・天然林研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030047420
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat